シマヅのプロフィール。専門卒、新卒10ヶ月で退職→派遣エンジニア→フリーランスで年収1000万円のストーリー

はじめまして、シマヅです。

ぼくの自己紹介をさせていただきます。

簡単に現在の状況をまとめると

  • フリーランス エンジニア
  • 2020年度の売上げで、年収1,000万円を突破
  • 労働時間は月に140時間程度。ジム通いできるくらい自由な時間多め。

 

スキルセット

  • アジャイル開発(特にスクラム)
  • バックエンド 3年: Python / Flask / Django
  • インフラ 2年: AWS / CICD (Terraform) / Docker, Docker Compose
  • フロントエンド 少々: React (+Firebase)
  • ゲーム 3年: Unity + C#

…といった感じです。

 

中でも自分の強みだと感じているのは

10件以上の開発経験で得た、柔軟なチーム開発

幅広い開発工程に携わってきた、ゼネラリストタイプの技術知識

アジャイルな知見を生かしたプロセスの改善

です。

 

ここに来るまで、たくさんの壁を乗り越えました。

  • ITリテラシーは普通以下から始まったディスアドバンテージ
  • 「言いましたよね?」って言われても、覚えていない
  • 「営業職の方が向いてそうですね。」ってよく言われる
  • また早期で契約終了か…
  • やっぱり、エンジニアは向いていないのかな。キャリアチェンジしようかな。
  • でもここから次、自分には何ができるかな。他に興味あることって何かな。

 

不安を見ないようにしながら、

なんとか絶望で足が止まらないようにしてきました。

たいして稼げないまま、

スキルもつかず、

エンジニアをやめてしまうしかないのか。

ここから何をどう頑張れば良いのか、

さっぱりわからない。

 

やっぱり自分に「エンジニア」は向いていないのか。

 

ですが現在は、

上で書いたような暗雲からは開放されていて、

自信をもってフリーランスとして活動できています。

 

年収1,000万円を突破

 

という結果もついてきました。

以下、ここに来るまでの道のりを

振り返ってみました。

さらに詳しく知りたい方向けに、

それぞれを記事にしています。

「過程をもっと知りたい!」という方は、

そちらも合わせてお楽しみください。

 

 

ストーリー概要

世間はエンジニアバブル。

IOT、ブロックチェーン、5G、AI、ロボット

が騒がれ始めた頃でした。

 

徳島出身のぼくは、

 

楽しく働けば仕事を続けていけるはず。

 稼ぎ続けて、楽しくお金持ちになる。

 

ことを目標に

東京の専門学校、

ゲーム学科へ入学しました。

 

ITリテラシーは周りより低めで

遅れをとりつつも、

勉強して

憧れだった大手ゲーム会社

に新卒入社が決定。

 

そのままエンジニアとして

駆け上がれるかと思いきや

入社後、力を発揮できずに

入社10ヶ月で逃げるように退社。

 

次は派遣エンジニアとしてチャレンジするも、

 

「派遣切り」

 

の連続で完全に自信を喪失。

 

ぼくはエンジニアに向いていない

 

と、自分に強く擦り込んでしまいました。

 

そんな中、品川の派遣先で

エンジニア人生の転機となる

先輩エンジニアと出会いました。

 

ぼくの分からないことや、

どうやって学習をすすめれば良いか、

欠けていた基礎基本などを

親身に教えてくださいました。

 

それを機にエンジニア人生が好転。

勉強を続け、

スキルが上がっていくにつれて単価も上がり、

自信がついてきた頃、

フリーランスで月70万円の案件を獲得。

さらに研鑽を積み、

ついに年収1,000万円を突破しました。

 

ぼくと同じように、

 

「じぶんは、エンジニアに向いていない」

「どうやって成長していけばよいか、ビジョンが湧かない」

 

と苦悩している方へ向けて、

ぼくの通ってきた道が、

少しでも励みに、

参考になれば

と思い、発信していきます。

 

また、ぼくが出会えた先輩のような方と

出会える人ばかりではないと思います。

 

ぼくは救ってもらいました。

 

今度はぼくが、「力になれたら」と思っています。

 

スキルアップや単価アップの情報発信だけでなく、

ご質問等にも答えていきたいと思っています。

 

また、「一緒に開発」とかできれば、

文字媒体よりたくさん伝えられそうだ

という構想をしています。

 

ぼくも現在、道半ばです。

一緒に学んで稼いで、

楽しいエンジニアライフを送りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました