【知っておこう】派遣エンジニアのメリット

派遣

実は収入はそこそこ良い

 

僕は20歳で正社員だったのですが、

手取り20万円くらいでした。

時給換算で1,500円程度。

 

1年立たず、すぐに派遣社員に切り替えたのですが、

手取りは30万円ほどでした。

時給換算で2,000円です。

派遣エンジニアの時給2,000円は最低限くらいな感じです。

 

こんな感じで、特に社会人3年目くらいまでの給料なら

派遣の方が良いことはあります。

派遣時代の収入について詳しく書いた記事もありますので、是非ご覧ください。

【公開】派遣エンジニア時代の収入【意外と稼げる】
フリーランスでエンジニアをしています。シマヅです。 未経験からエンジニア転職を考えていたり、 今の職場に将来性が感じられなくて 転職やフリーランスでスキルアップを考えているあなた、 こんな悩みがあるのではないでしょう...

 

「いろんな職場」で経験を積める

 

派遣契約は基本3ヶ月単位で、

更新するかしないかを決めることができます。

 

「A社でちょうど半年、

 ここは設計をすることの大切さを勉強できたな。

 でももう学べそうなことはないなぁ。」

みたいなことを思った時に、他の案件へ切り替えればOKです。

 

その時に

「次はコードのメンテナンス性を高める

 工夫をしているところが良いです」

など、エージェントの方に注文すれば、

できるだけ要望に沿った企業さんを紹介してくださいます。

 

いろんな職場を経験することで、

次の職場に対して

 

「前職はコードレビューはリクエスト送らずに、ペ

 アプロでリアルタイムレビューをやっていました。

 その方が○○な点がよかったです。」

 

など、

自分の経験から価値を発揮できる人

になることができますね!

 

実は、、、育成前提で関わってくれる職場もある

 

4つ目くらいの派遣先が

大手の外資企業さんだったのですが、

そこでは正社員の方々が物凄く育ててくださいました。

 

「どうやったら仕事を円滑に運べるのか?」

「その仕事は楽しいのか?」

などを考えていらっしゃる方がいらっしゃいました。

 

そのため企画からエンジニアが携わって仕様を理解したり、

「サポーター」という、「強いエンジニアで相談しやすい」役割の人を

1チームに1人おいたりしていたので、

どのように作れば良いかの相談ができる

環境を整えてくださいました。

 

また、僕はまだプログラミングを

「なんとなくフィーリング」でやっていたような時期だったので

見かねてプログラミングの基礎を教えてくださったりしました。

(アルゴリズムとデータ構造 とかの話です)

 

その企業さんは正社員の方がとても優秀な感じで、

派遣エンジニアは「育ててもらっている」ような関係でした。育

てていただきながら時給もいただけで、

今となっては頭が上がらないですね。

 

僕がフリーランスで稼げる土台を作ってくださった職場でした。

本当に感謝しています。

 

憧れの企業に入る手段の1つ

 

「〇〇社で働いてみたい!」

といった願望がある方は、

まずは「派遣」として働いてみるのはいかがでしょうか。

 

実は、、、育成前提で関わってくれる職場もある

でも書いたように、

「大手の外資企業」など、

憧れの対象になりそうな大手企業は

意外と「派遣」を採用していたりします。

 

大手でキャリアの若いうちから経験を積み上げるのは、

戦略としてアリだと思います。

 

僕の場合は、

大手の外資さんはたまたまご縁で

お世話になった流れでしたが、

記事を読んでくださっている

あなたの戦略の1つとしていかがでしょうか。

 

最後に、、、もっと詳しく!という方はご連絡ください

 

以上、派遣エンジニアとして

働くことのメリットでした。

 

「もっと詳しく掘り下げて聞きたい!」

 

という方は、SNS で僕に連絡いただければ、

お答えできる範囲ならお答えさせて頂きます。

 

また、

「派遣会社のエージェント」

にご相談されるのもいいと思います。

無料で丁寧に、相談にのってくれます。

それでは!

 

エンジニア派遣エージェント

 

コメント

  1. […] 詳しく書いた記事も是非ご覧ください。 【知っておこう】派遣エンジニアのメリット […]

タイトルとURLをコピーしました